ほくそんの図書室

気まぐれな小さい図書室。

『2020年からの教師問題』

 

 

知識の習得ではなく、知識を活用する力が必要になること、自分は何者なのかなどの哲学的要素を含んだ授業が必要になること、「正解のない問い」を生み出すためには幅広い知見が必要であること。

 

自分の強みはなんだろうか、私にしかできないことってなんだろうと自問自答する日々です。

 

f:id:hokuson-diary:20180110231652j:image