ほくそんの図書室

気まぐれな小さい図書室。

『君の膵臓をたべたい』

 

久々に小説を読んだ。と言うよりも意識的に小説を遠ざけていて久々に読んでみた、という方が正しいか。

 

Kindleで買って電車移動の時に読もうかと思っていたけれど、家で読んで正解だった。とても泣けた。すごい泣けた。

 

生きるということ、死ぬということ、何を選びどんなことをするか。

 

f:id:hokuson-diary:20180106170654j:image